採卵 フォリスチムペン

トップページへ

採卵 フォリスチムペン

 

 

トップページ体外受精(IVF)>採卵に向けて



採卵に向けて(初めての採卵)


自然に授かった子供が一人いるのに、大金をかけてまで体外受精をやるかどうか、もの凄く悩みました。


やる!と決まってから、夫婦揃って婦人科を受診。
結婚後すぐに子宮内膜症の手術を受けているので、夫も主治医に会うのは数回目でした。

前回、体外受精についてのパンフレットをもらっているので、特別な説明も無く、こちらの疑問に答えてもらい、承諾書と自己注射のDVDを渡されました。

両方の卵巣の辺りが痛む(いつもですが)ので念のため内診してもらいました。
2年近くガン検査もしていなかったので、ガン検査もしてもらいました。

あと、エイズなどの血液検査と心電図検査をして、高温期半ばから使うスプレキュアと、いつも愛用しているロキソプロフェン(鎮痛剤)をもらって帰宅。

(ガン検査の結果はClassTで異常なし。血液検査も心電図も異常なしでした。)

※ この日のお会計(内診、子宮頸がん検査、血液検査、心電図検査、スプレキュア)
   9,740円



■スプレキュア開始(通常とは違う方法で、1日4回6時間おき)

昔、手術の前後に卵巣機能を休ませて余計な癒着や出血を防ぐ目的で、同じ作用のあるナサニールという点鼻薬を使いました。
この時はトータル半年間使ったので、かなり副作用が辛くて、特に動悸や不安感では死ぬ思いをしました。
でも、体外受精の採卵に向けての使用期間はそんなに長くないので大丈夫だろうと・・・。

6時間おきなので0時、6時、12時、18時に決めました。
子供と一緒に寝てしまった時は、携帯のアラームをかけて0時に起きたり、最初から0時まで起きてたりしますが、夜中に子供の寝相が激しかったりすると、ぐっすり眠れないので日中眠くて眠くて・・・。
昼寝も幼稚園のお迎えがあると思うとあまりできないし。
どうやっても私は眠りが浅いタイプなので結構キツイです。


■フォリスチムペンで自己注射開始!病院受診(7/13)

リセットから8日目、血液検査と内診の後、自己注射の指導がありました。
血液検査ではホルモン数値を見て、スプレキュアが効いていることを確認。
かなりしっかり効いていると先生はおっしゃっていました。

注射の指導は、看護師さんに教わりながらでしたが、予めDVDを見ていたのですんなり出来ました。
お腹に打ちましたが、ほとんど痛くなくて、こんなもんかという感じでした。
打った後に、チクチクするようなジワーッとするような感覚が残りますが。
これから毎日、寝る前に自己注射です。

自己注射 フォリスチムペン

↑これが受け取った注射器(フォリスチムペン)です。
脱脂綿や消毒液、注射針、カートリッジなど受け取ったセットは結構な大きさでした。
周りの人はこの人随分の量の薬を飲んでるんだな〜って思ったかも!?

※ この日のお会計(内診、血液検査、注射器セット、注射指導など)
   89,970円



翌日からは自分だけで注射しました。
お見苦しいかと思い、下着は画像処理させていただきました。
体外受精の自己注射 アルコールで拭きます。

脱脂綿の近くの丸い跡は、6年前に受けた腹腔鏡手術の跡です。
体外受精の自己注射 カートリッジ内に空気が残らない様に薬液が1滴出るのを確認してから注射します。
体外受精の自己注射 指定された量の薬(私は200IU)が全部入ったら、5つ数えてゆっくり抜きます。

思ったよりも全然痛くありません。
恐らく今までで一番痛くない注射です。

(時々打った後に少し痛い日があります)


■病院受診(7/18)

自己注射を始めてから初の婦人科受診。
卵巣付近に違和感があるので、卵胞が育っているのかと思ったらそうでもありませんでした。

血液検査と内診の結果、注射が効き始めたところだとか。

帰りにフォリスチムペンのカートリッジ600IU(3回分)と注射針3回分をもらいました。

※ この日のお会計(内診、血液検査、カートリッジ、注射針)
   42,750円


■病院受診(7/21)

血液検査はなし。
先生とお話をしてから内診しました。
排卵前の様な、両卵巣付近の軽い鈍痛と張り感があることを伝えました。

左右合わせて3つの卵胞を確認。
サイズは12〜13mmでした。

帰りに看護師さんとお話がありますと言われたので、何かと思ったら、「何か気になる事はないですか?」と言われただけでした。
きっと自己注射の不安とか、そういう事だと思いますが。
お会計後にフォリスチムペンのカートリッジ600IU(3回分)と注射針3回分をもらいました。

※ この日のお会計(内診、カートリッジ、注射針)
   37,420円



■病院受診(7/23)

いつものように採血をして、診察(内診あり)でした。

そして・・・(T_T)

残念なことに、左側が卵管水腫になっていることが初めて分かりました。

先生の説明では、連日の自己注射で、卵巣周辺が潤った感じになるので、卵管が塞がっていたりすると水が溜まりやすくなるそうです。
その結果、はっきりとエコーに写り、卵管水腫が発覚したんだとか・・・。

昨年6月の卵管造影検査で、確かに左の卵管周囲に癒着があるだろうと言われました。
でも、造影剤は何の抵抗もなく綺麗に通ったので、卵管については心配していませんでした。
きっとその癒着が進行し、卵管を塞いでしまったんだと思います。
癒着の原因は長年付き合っている子宮内膜症だろうと言うことです。

卵管造影検査の詳細はこちら


卵管水腫があると、無いよりも妊娠率が半分くらいに下がるそうで、手術(腹腔鏡)で卵管ごと取るのが望ましいと言われました。

なんでこのタイミングで?

採卵も不可能なのか?体外受精は延期?中止?と心配でしたが、採卵はできますよ、と先生。

計画としては、採卵→全胚凍結→卵管水腫の切除→胚移植

となる様です。

まずは採卵を乗り切らなくちゃ!


■病院受診(7/24)自己注射(卵胞刺激製剤)最終日

この日の夜で、自己注射は終わりました。


■病院受診(7/25)HCGを打った後からスプレキュアは無し

午前11時に外来で通常通り受診。
血液検査と卵胞チェックをしました。
左右合わせて15mmほどの4つの卵胞が確認されました。

夜8時半に、HCG(5000単位)を打つために入院病棟へ。
ナースステーションの隣の部屋で方に注射しました。

注射の持ち方や薬の入れ方がかなりぎこちなくて、若い看護師さんだったので不安でした。


続き⇒初めての採卵体験を見てみる






妊娠したい

妊娠するために知っておこう

基礎体温と排卵日

妊娠しやすい食事と栄養

子宝グッズ

子宝風水

男女産み分け

おりものチェックと子宮口

排卵日検査薬

子宝温泉

子宝神社・寺

不妊になりうる病気

私はこれで妊娠しました

妊娠したかな?

妊娠の兆候と超初期症状

妊娠初期症状

妊娠した時の基礎体温

つわり(妊娠悪阻)を乗り切る

妊娠後の栄養とサプリメント

葉酸について

二分脊椎症

産院選びのポイント

双子って?

胎児の成長(エコー写真あり)

妊娠 1ヶ月(妊娠超初期)

妊娠 2ヶ月(4〜7週)初期

妊娠 3ヶ月(8〜11週)初期

妊娠 4ヶ月(12〜15週)初期

妊娠 5ヶ月(16〜19週)中期

妊娠 6ヶ月(20〜23週)中期

妊娠 7ヶ月(24〜27週)中期

妊娠 8ヶ月(28〜31週)後期

妊娠 9ヶ月(32〜35週)後期

妊娠10ヶ月(36〜40週)後期

出産のあれこれ

夫立ち会い出産

無痛分娩

帝王切開

フリースタイル出産

出産(管理人編)

妊娠中の気になること

妊娠初期の気になること

妊娠中期の気になること

妊娠後期の気になること

妊娠中の痔

妊娠中の下腹部痛

お尻や太股の痛み(管理人編)

管理人がした検査など

腹腔鏡手術-1(子宮内膜症)

腹腔鏡手術-2(卵管水腫)

二人目妊娠したい!二人目不妊

子宮卵管造影

精液検査

人工授精(AIH)

体外受精-胚移植(IVF-ET)

その他

便利だったもの
 無くても平気だった物


子宝草の成長記録

プロフィール


 スポンサードリンク




Copyright(C) 妊娠したい!妊娠したよ! All Rights Reserved.

本文、及び画像,を無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。