胚盤胞移植

トップページへ

凍結融解胚盤胞移植

 

 

トップページ体外受精(IVF)>初めての胚盤胞移植周期



初めての胚盤胞移植(自然周期)に向けて


血液検査&卵胞チェック(11/10)


胚盤胞移植は排卵から5日目に行うということで、排卵日を明確にするために診察しました。

結果、血液検査では排卵直前という数値。
でも卵胞は14mmと小さかったので、今日HCGを打っても排卵しない可能性もあるから、明日また検査しましょうと言われて帰って来ました。

この夜、左側に鈍痛が数時間ありました。
たぶん排卵したな〜と思う。
ただ、卵胞があったのが左右どっちなのか聞くのを忘れたので、何となくもやもやした気分。

※ この日のお会計(血液検査、内診)
   2,030円 (30%負担)



再び血液検査&卵胞チェック。胚盤胞移植日決定!(11/11)

昨日と同じように採血の後に診察。

血液検査の結果が出る前に診察の順番が回って来ました。
内診では思った通り、左側から排卵済み。

再び待合室で待たされ、血液検査の結果が出た後呼ばれました。

結果は、排卵前のホルモンのピークは過ぎ、黄体ホルモンが出始めてるとのことでしたが、自らの黄体ホルモンをサポートする意味でHCGを腕に打って帰って来ました。

凍結胚盤胞の移植は、今度の月曜日(11/16)日になりました!


※ この日のお会計(血液検査、内診、HCG注射)
   8,670円 (100%負担)
 


胚盤胞移植当日(11/16)

尿を溜めてくるように言われていたけど、車で20分の道のりと何だかんだ移植まで時間がかかるだとうと予測し、家を出る前にトイレへ。

病院に着くと処置室から看護師に呼ばれ、お尻を半分出してうつ伏せに寝るように言われる。

お尻の左側に黄体ホルモン(オオホルミン)の注射。

ドロッとしている薬だからかなり痛いと聞いていたけど、インフルエンザの予防接種と同じくらいの痛みだった。
お尻だからきっと痛くないんだろうな。

再び待たされ、今度は診察室へ呼ばれる。

融解した胚盤胞の写真を渡され、「かなり良いです」 と先生が無表情でポツリと言い、用紙には凍結前と同じく 『やや良好』 と書かれていました。

凍結 融解 胚盤胞 ← 今回お迎えした5日目胚盤胞です。

   (融解後の写真)


別の階にある、以前採卵をした部屋へ移動・・・。

看護師の指示通り、下を全部脱いで、台に横たわり布団をかけて待っていました。

トイレに行きたくなってきたので、ちょうど良いタイミングで移植できるかなと思っていたのに、それから30分もの間、誰も来てくれませんでした。


もう、この30分が死ぬほど長くて怒りさえ込み上げてきそうでした!!


格好が格好なので、すぐに人を呼ぶわけにもいかず、いい加減に服を着て誰かに言いに行こうかと思ってた矢先に、ドアの向こうが騒がしくなり、看護師が入って来ました。

ガラガラと道具を運んで来て、準備が整ったところでさっき外来で説明をした先生が手術着の様な物を着てマスクをして登場。

さっそく足を広げ、消毒をして器具を入れて・・・AIHの時と同じ感じでした。
看護師がすぐにお腹からエコーを当て(トイレに行きたいから辛い)、モニターに子宮が映し出されている様でした。
私にはどこが何だかよく分からず、説明もしてくれないので分からないまま。

「電気消して」

先生の指示で室内の照明が消され、点いているのはオマタを照らしている手術用のライトのみ。
薄暗くなってから子宮口から何か細い物を入れているのか、奥の方にチクチクした感じがありました。

もう入ったの?入ったの?という気持ちでモニターを見つめていたら

「持って来て」

「ハイ」

先生が培養士に指示を出しました。

な〜んだ、これからかとちょっと力が抜けました。

シャーレの様な容器を持って来て、注射器の先に長いチューブが繋がっている様なものを使って入れている様子。

「入りました」 と培養士。

入ったところでエコーを停止(画像保存)して、

「終わりましたからね〜」

さっさと器具が取り外されました。

本当に入ったのか?あのチューブに残ってないよね?と心配になりました。

「30分安静にしてから帰って下さい。何かありましたらボタンを押して下さいね。トイレ我慢出来なくなったら容器を持って来て私が処理しますから、遠慮無く呼んで下さいね」

・・・そういえばトイレに行きたいのがさっきよりマシになってる。
緊張してたから行きたかったのか、膀胱が伸びきってマヒしてるのか?

安静にしている途中で培養士が、今後の過ごし方の説明のような事が書いてある用紙を持って来ました。

少量の出血がある場合があるとか、出血があるうちはセックスを控えて下さいとか、入浴はOKだとか書いてありました。
(幸い私は出血はありませんでした。)

30分経過したら普通に過ごして良いとの事で、お会計前にトイレに行きました。

15時から移植の予定だったのに、実際にお迎えしたのは15時35分でした。

後になって、もしも胚盤胞を持ってくる時にあの人がコケたら・・・とか想像してしまって一人でゾーッとしてました。

※ この日のお会計(黄体ホルモン(オオホルミンルテウムデポー注射)の注射、融解凍結胚盤胞移植)
   48,510円 (100%負担)



<移植後の注意事項>

大学病院だからなのか? ネットで見かけるような安静は言われませんでした。
病院での安静もたったの30分・・・本当に平気なのか?

もらった用紙にも、当日から入浴は可能と書いてあり、多少の出血は問題ない、出血してる場合は止まるまではセックスは控える・・・などしか書いてありません。

移植の時にエコーを担当していた看護師さんに自転車に乗って平気か聞いたところ、全く問題ありませんと即答されました。

念のため自転車は乗っていませんが、車で買い物に行ったり、家事は普通にやって判定日まで過ごしています。


妊娠判定日(11/25)

病院で診察券を通して採血する場所へ直行。
今日採血した人は若かったけどとても上手で、いつも失敗されてばかりの私が1発できまり、しかも痛くない。

結果が出るまで婦人科で待つこと小一時間。

ここ数日は茶オリもたまにあって、腰痛と下腹部左右の鈍痛があり、いつもの生理前と全く同じ。
前回の妊娠時とは似ても似つかない症状なので、家では夫と次の移植についての話をしていました。

待つ間、携帯のカレンダーとにらめっこして、おそらく次の移植日はこの辺だな〜と考えていました。

診察室に呼ばれると、先生に体調は変わりない? などと聞かれ、私は今にも生理が来そうな感じで茶色いおりものが昨日ありました、と答えました。

「反応出てますよ」 と。

ビックリ!

血中hcgの値が291.3。

排卵日辺りに打ったhcgの影響はもう出ない時期だし、仮に出たとしても出たとしてもこんなに高くは出ないそうです。

何も見える時期ではないけど茶色いおりものがあったので一応内診してくれることになりました。

特に異常は見つからず、

「内膜がかなり厚くなってるし、妊娠してる場合の所見と一致するね。」

意外にも私は冷静でした。

まだこの先、何があるか分からないからか、嬉しいけど無事に育つといいなーという心配の方が大きいです。

来週、子宮の中に袋が見えるかどうか確認することになりました。
この一週間が長そう・・・。

必要最低限の事だけしてなるべく安静にしてねと念を押されました。

最後に流産防止という意味でお尻に注射(黄体ホルモンのオオホルミンという注射)をして終了〜。

やっぱりこの注射はお尻だからか打つ時はたいして痛くない。
打った後に痛くなり、余韻が残ります。
人によるのかな。

※ この日のお会計(血液検査、内診、オオホルミンルテウムデポー注射)
   5,760円 (100%負担)



胎嚢確認(12/2)

この1週間が長かったです・・・。
痛みが卵管が残っている右側に偏っていたこともあって心配でしたが、子宮の中に胎嚢が確認できました。

エコーなどはこちら、「2人目の時の私の体調や気持ち」

来週か再来週には心拍が確認出来れば順調だそうです。
最後にオオホルミンをお尻に打って終了しました。

移植した日あたりから風邪でずっと咳が出ていることを言うと、薬は飲めないとのことで、うがい薬を出して貰いました。

※ この日のお会計(内診、オオホルミンルテウムデポー注射、うがい薬)
   2,290円 (30%負担)


続きは左メニュー、胎児の成長へ掲載していきます。






妊娠したい

妊娠するために知っておこう

基礎体温と排卵日

妊娠しやすい食事と栄養

子宝グッズ

子宝風水

男女産み分け

おりものチェックと子宮口

排卵日検査薬

子宝温泉

子宝神社・寺

不妊になりうる病気

私はこれで妊娠しました

妊娠したかな?

妊娠の兆候と超初期症状

妊娠初期症状

妊娠した時の基礎体温

つわり(妊娠悪阻)を乗り切る

妊娠後の栄養とサプリメント

葉酸について

二分脊椎症

産院選びのポイント

双子って?

胎児の成長(エコー写真あり)

妊娠 1ヶ月(妊娠超初期)

妊娠 2ヶ月(4〜7週)初期

妊娠 3ヶ月(8〜11週)初期

妊娠 4ヶ月(12〜15週)初期

妊娠 5ヶ月(16〜19週)中期

妊娠 6ヶ月(20〜23週)中期

妊娠 7ヶ月(24〜27週)中期

妊娠 8ヶ月(28〜31週)後期

妊娠 9ヶ月(32〜35週)後期

妊娠10ヶ月(36〜40週)後期

出産のあれこれ

夫立ち会い出産

無痛分娩

帝王切開

フリースタイル出産

出産(管理人編)

妊娠中の気になること

妊娠初期の気になること

妊娠中期の気になること

妊娠後期の気になること

妊娠中の痔

妊娠中の下腹部痛

お尻や太股の痛み(管理人編)

管理人がした検査など

腹腔鏡手術-1(子宮内膜症)

腹腔鏡手術-2(卵管水腫)

二人目妊娠したい!二人目不妊

子宮卵管造影

精液検査

人工授精(AIH)

体外受精-胚移植(IVF-ET)

その他

便利だったもの
 無くても平気だった物


子宝草の成長記録

プロフィール


 スポンサードリンク





Copyright(C) 妊娠したい!妊娠したよ! All Rights Reserved.

本文、及び画像,を無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。